豊中天文協会の沿革

昭和62年(1987年)  6月   豊中市立少年自然の家(宿野)に天文台設置(150㎜屈折赤道儀:高橋FC150  150㎜双眼鏡:フジノン)

             10月  豊中市立プラネタリウム館で本協会結成26日)

                 1986年3月にハレー彗星

             11月  第1回星空まつり実施(2829日)

昭和63年(1988年)   4月  豊中市立少年自然の家に協会事業として天体観望指導員派遣を開始 

             5月  豊中市立プラネタリウム館主催の市民観望会に協会事業として指導員派遣を開始

             8月  全国スターウォッチングネットワークに参加開始

             9月  火星大接近に伴い教育委員会と当協会の共催で市民観望会を実施 24回計画、13回実施、参加市民3880

平成元年(1989年)  9月  学習観望会事業を開始(市内小・中学校対象)

平成 5(1993)   11月  豊中市教育委員会が天筒会長を協会活動の功績により教育功労者表彰をうける。

平成 6(1994)    7月  シューメーカー・レビー第9彗星の木星への突入観望のため、服部緑地公園西口広場にて、17日、20日および22日の3日間豊中市教育委員会との共催のもと、NTT豊中支店の協力を得て市民大観望会のイベントを実施 市民参加者合計1800

平成 7(1995)   11月  15年に1度の土星の環の消失を記念して、克明小学校と庄内小学校の2か所で市民観望会を開催 参加者合計約97

平成 8(1996)    5月  日本財団より天体望遠鏡(高橋FS128EN屈折赤道儀)の寄贈を受ける。

平成 9(1997)    4月  ヘール・ボップ彗星の観望会を野畑小学校の校庭で実施(9,10) 参加者680

平成11(1999)  11月  しし座流星群の観望会を豊中市立少年自然の家で実施(17) 参加者50

平成12(2000)   5月   憲法発布記念日にあたり天筒会長が天文活動を通じて社会教育に多大の功績があったとして、豊中市長から表彰を受ける

            11月  しし座流星群観望会を豊中市立少年自然の家で実施 参加者30

平成13(2001)   5月   大江山グリーンロッジにて指導員一泊研修会を実施 (2526) 参加者37

             8月  協会設立14周年記念事業として指導員研修会を兼ねて高知県土佐町早明浦荘にバスツアー(1819) 参加者39

            11月  豊中市立少年自然の家にてしし座流星群観望をメインとした第15回星空まつりを実施(1819) 参加者170

平成15(2003)   8月   6万年ぶりに地球に大接近した火星観望をメインにしたイベントを豊中市教育委員会後援のもと大門公園にて実施(23日は当初曇っていたが後半晴れたので観望成立、30日は夕刻から雨となったため中止) 参加者約160

            11月  当協会結成時からの会長、天筒会長が大阪府青少年育成会議から天文活動を通じて青少年健全育成に多大な貢献があったとして、同会議長(府知事)から表彰を受ける(8)

平成16(2004)   5月  ニート、リニア両彗星の接近に伴い宿野の豊中市立少年自然の家でミニ星空まつりを一般公募と指導員研修を兼ねて実施(曇天のため観望できず) 参加者23

平成17(2005)   1月   設立当初から当協会々長を務めて来られた天筒敏夫氏が高齢のため退任を申し出られたため総会で新たに岩田茂氏を会長に選任

平成18(2006)   6月   セブン―イレブンみどりの基金の援助により高橋TOA130屈折望遠鏡、EM200赤道儀、DELLポータブルコンピューターおよびEPSON液晶プロジェクターを購入

平成19(2007)   8月   6年半ぶりの皆既月食の観望会を豊中市教育委員会後援により服部緑地西口広場で実施(28日、生憎の曇り空ながら皆既中の月と後半晴れ上がったため食の観望が可能となった) 参加者約750

            10月  ホームズ彗星の突然のバーストにより増光した姿を学習観望会で小学生に観望させる

平成20(2008)   5月  当協会の結成をリードし、10年余り事務局長を勤められた、岩田会長が、憲法記念日の豊中市長表彰青少年健全育成)で、永年天文活動を通じ青少年の健全育成に多大の寄与をされたことにつき、表彰を受ける。  

平成21(2009)   1月  定例総会にて、岩田会長及び堀田副会長勇退の申し出でにより、松原が新たに会長、野村が副会長に選任された。会計担当役員には錦谷を新たに選任し、事務局長は松原会長の兼務とした。また岩田氏は顧問に、堀田氏は会計監査に就任していただくこととした。

             7月  46年ぶりの日本での皆既日食に関して、豊中市未来青年部青少年課主催で日食観望会を豊島公園グランドにて開催。当日は曇り空ながらうす雲の間から観望できた。(参加者200)

平成22(2010)   2月  環境をよくする活動に、自主的・積極的に取組んでる団体として。第3回 とよなかエコ市民賞を受賞する。

                         11   岩田元会長が、豊中市長表彰に続き、大阪府青少年育成会議から天文活動を通じて青少年健全育成に多大な貢献があったとして、大阪府知事(同会議長)から「青少年育成功労者表彰」を受賞する(30)

平成23年(2011年)  3月 とよなか市民活動ガイドブックに掲載(P.56)する。

             6月 杉本雅俊さんの勤務する会社「ヘンケルジャパン」よりボランティア補助金5000ユーロをいただきHα太陽望遠鏡(ラント80)を購入する。

             9月 顧問:初代会長天筒敏夫さんが逝去(享年97歳)

              12月 皆既月食の観望をメインテーマに、豊中市立青少年野外活動センター「わっぱる」にて、第25回豊中星空まつりを実施する。(150人参加)

平成24年(2012年) 3月 会長:松原司さんが急逝(享年72歳)

            5月 阪急阪神未来のゆめ・まち基金の、市民団体助成プログラムにより40万円の助成を受ける。

             5月 21日に、金環日食(服部緑地)ゲリラ観望会を実施   250人参加

6月 6日に、金星の日面通過(服部緑地)ゲリラ観望会を実施 500人参加

8月 協会設立25周年記念事業として熊野少年自然の家へバスツアー(1819) 参加者40名 不安定な天候のなか、夜半には、天の川や流れ星も見えた。翌日は昼の金星、木星、水星、シリウス、太陽黒点を観察

            11月 しし座流星群を期待して、豊中市立青少年野外活動センター「わっぱる」にて、26豊中星空まつりを実施する。(145人)天候不良   

平成25年(2013年)  315日に、パンスターズ彗星(服部霊園)ゲリラ観望会を実施:双眼鏡で観測

8月12日に、ペルセウス座流星群(服部緑地)ゲリラ観望会を実施(38名)

9月 6日に、仲秋の名月(大塚公園)ゲリラ観望会を実施 (32名)

             11月17日~18日 アイソン彗星を期待して、豊中市立青少年野外活動                センター「わっぱる」にて、27豊中星空まつりを実施

                        する(182人)ラヴジョイ彗星を観察

平成26年(2014年) 1月 定例総会にて、今年も継続して活動を続けることが承認される。 

            4月 「わっぱる」里山の春 オープンフェスタ2627日)にて、太陽観察と星座観察を実施(220人)

            5月 3日:ふれあい緑地フェスティバルにて太陽観察を実施(191人)

            5月 3日:ふれあい緑地にて、春の星座観察会(春の大三角)を実施(50人)

6月13日~7月1日  市民情報活動サロンショウインド展示

8月12日に、ペルセウス座流星群(服部緑地)ゲリラ観望会を実施(38名)

9月 9日に、仲秋の名月(大塚公園)ゲリラ観望会を実施 (17名)

             921日 豊中駅前 こくりゅうすてっぷ サロンでジャンプ!太陽観察(200人)

11月15日~16日 豊中市立青少年野外活動センター「わっぱる」にて、

                     第28回豊中星空まつりを実施する。(187人)  

平成27年(2015年) 5月 3日 ふれあい緑地フェスティバル 太陽観察(310) ※産経新聞掲載

           530日~31日 わっぱる春のオープンフェスタ太陽観察(181) ※星座早見缶

           627日~28JAAA2015 日本天文愛好者ミーティンクin京都 パネル展示

                           926日 原田しろあと館 お月見会  ※中秋の名月イブ40人)

     927  仲秋の名月(大塚公園)市民星空観望会を実施(75名)

10月21日 きたしん豊中広場 市民星空観察会 ※豊中駅前人口広場 (48人)

117日 千里キャンドルロード初参加 天候不良:一瞬だけベガ(150) 

平成28年(2016年) 2月28日「星なかまの集い~天文楽サミット~」にて、「森本奨励賞」を渡部副台長から受賞 西脇市立青年の家にて、ワニ天くん誕生!

 

3月19日 阪急阪神ええまちつくり隊2016星空の話を聞いて、天体望遠鏡を作ろう! 親子25組参加

 

3月12日~13日 わっぱる」にて、29回豊中星空まつりを実施する。(156人)

 

                            5月21日&7月23日 市民活動情報サロンにて望遠鏡工作教室を実施

            7月13日~27日 市民活動情報サロンにてショーウインド展示

  910  市民活動ジャンプフェスタにて太陽観察〈141名

1021日 きたしん豊中広場 市民星空観察会 ※豊中駅前人口広場 (48人)

11月5日~6わっぱる」にて、30回豊中星空まつりを実施する。(152人)

1126日 環境展に参加(豊島体育館)太陽観察(220)

 

最近の活動は、ブログでご覧下さい。↑クリック

今日の星空↓

国立天文台にリンク

ワニ天くん☆誕生!

 ボク!ワニ天くんでーす。 僕の誕生日は、2月28日! これからイベントで活躍するよ! みなさんよろしくね!

木星のオーロラ

ハッブル宇宙望遠鏡が捉える

 米航空宇宙局(NASA)は1日までに、ハッブル宇宙望遠鏡で木星のオーロラを捉えた画像を公開した。

(共同)

カウンター

指導員募集中

天体観測指導員を募集しています。天文の知識はいりませんが、少し腕力が必要です。ぜひ活動にご協力下さい。